What's 粉体塗装

                   
 
  粉体塗装って何? どんな塗料なの? どんなメリットがあるの?
  粉体塗装をご存知でない方や、ご興味のある方への回答です。
  
  粉体塗装とは
  
  物体の表面に粉末の塗料を、気体または液体を用い、物体の表面に付着させ
  加熱によって一様な皮膜を形成させることが「粉体塗装」です。
  当社では、静電塗装法を用いております。
  
  粉体塗装に使う塗料とは
  
  塗料中に有機溶剤などの揮発性の溶媒を含まない、塗膜形成分100%の
  微粉末で、粉末状のまま塗装して物体表面に塗膜を形成させる塗料です。
  
  粉体塗装の特徴
  
  1.無溶剤である
  
  一般に液体型塗料に混入されている溶剤などは、最終塗膜中に残留することなく
  乾燥・硬化中に揮発してしまいますが、できるだけ少ない方が理想的です。
  粉体塗料はこれら各種溶剤等を全く含まない100%固形分の塗料です。

  2.公害・災害発生の減少
  
  粉体塗料は無溶剤塗料であるため、溶剤揮発が原因となる公害問題の発生がなく
  有機溶剤による中毒、溶剤の引火による危険からも回避できる塗料です。

  3.高性能な塗膜が得られる
  
  粉体塗料では、高分子量の合成樹脂が塗膜形成成分として使用できるため
  液体型塗料に比べ、高性能な塗膜を得ることができます。

  4.高膜厚にすることが容易である
  
  粉体塗料は1回の塗装で、約200μもの膜厚が得られます。(調節可)
  また、エッジ部への付着性にも優れており、液体型塗料のような厚膜塗装時の
  タレ・タマリ・ピンホールも少なく、高厚膜の塗膜が容易に得られます。

  5.塗料の損失が少ない(静電塗装法)
  
  粉体塗装ではオーバースプレーされた塗料を回収して再使用することが可能なため
  塗料の損失が非常に少なくなります。
  当社では、現在行っておりません。

  6.塗装作業効率の向上(静電塗装法)
  
  粉体塗装は静電塗装機の塗料吐出量が大きいこともあり、
  一般の液体型塗科に比較して3〜5倍の塗装能力があります。
  
  粉体塗装のメリット、デメリット
  
  上記のように、作業性・品質など多くの面で優れており、メリットはたくさんあります。
  しかし、メーカー常備色以外(調色注文品)では、少量での購入が出来ず
  少数品での調色粉体には対応しづらい面があります。
  
  粉体塗装には多くのメリットがあり、とても優れた塗装法です。
  粉体塗装を指定しての注文は、事実、増えてきております。

ホーム